学ぶことの「喜び」と「愛の大河」について

パパンです。今回はかなり自己主観的・感覚的なことを書き残したいなと思いまして。
韓国ドラマのタイトルみたいな表題になっちゃいましたがw
意味不明と言われたら、ホント、そうかもしれません^^ でも、僕の中では正直に記したい気持ちが強くてね。何かの本や知識から、さも自分が知ったように書いているわけでは無く、只、ひたすらに「自分の中の声」に忠実でありたいと思っています。

唐突ですが、僕は学ぶことと、面白い事、思いっきり笑う事が大好きです。
何かを作り出したり、考案し、それを実現に向けて色々と迷ったり、悩んだりすること。
つまり何かを創造している時って本当に至福の時間なんです。実際的には時間など忘れていますし、意識もしないので、「時間」という観念も当てはまりません。

失敗したらどうしようとか、こうなれば良いなとか、期待も不安もあせりも特にありません。
心の衝動みたいな、お腹の中から湧き上がってくる躍動感のような「感じ」に、只、身を任せること、その一点だけに全力で頑張るのが本当に好きなんですよね。
好きだとしか表現出来ません^^ 僕の魂がダンスするような「喜び」だけなんです。

想像を伴う学びとは、記憶したり、論理的・実証主義的に辻褄の合う解釈で判ったつもりになるような、そういう学びでは無く、そういうのを一切辞めちゃった時の「学び」です。
情報や知識も大切で知的欲求を満たすものではありますが、本質的には「そこ」じゃ無いんですね。とっても感覚的・抽象的でわかりにくいですが^^

思考する、意識する中心を、「脳」では無く、「心臓あたり」や「自分の体の外側」のぼんやりとしたもの、輪郭は無く空気中に溶け込んだような大きな「殻」のようなところから強く促される「衝動」といいますか、「エネルギー」みたいな感じです。

そうすると、意識が果てしなく広がる感覚が伴います。
脳の神経回路イメージみたいな感じで、それが果てしなく広がり、世界の全てに繋がっており、電気シナプスのように光の玉が常に流れているイメージです。
それが、全ての事象、物質、五感に感じられないもの全てに無限の曲線で繋がっていて、全ての光の玉が躍動し、決してぶつかり合うことなく秩序付けられた美しさを感じます。

最近、何故か頭の中にそのイメージがよく出てきて、映像で繰り返されるんです。
でも、決して、心がどんよりと曇ったり、不安が想起されるようなものではありません。
むしろ、とても癒されますし、美しいなぁと見入っちゃいますね。秩序付けられた「美しさ」と書きましたが、その美しさが作られている法則性とは「愛」のように思います。

続きを読む

包丁片手に「じゃあ、死んでやるからな」事件

眠りが不規則だけど、別に苦でもないパパンですw
なんとなく更新しようかなと。深夜に一人でこっそりとね^^

僕には学年でいうと1つ上、2歳上の兄がおります。
全般的にはとっても仲が良いのですが、小学生の頃ですからケンカもしょっちゅうしてました。今思えばしょうもないきっかけが大半ですが、子供の頃って、そんなしょーもないことでも全身全霊で一生懸命に怒ったり、泣いたり、思いっきり笑ったりしたものです。後先なんて考えなくて、その時の「今」をそのまんまに表現し、「今だけの」世界で生きていたように思います。

大人になると、分別くさい冷静さや、世間体、体裁とか、自分の本心を偽った仮面でやり過ごしちゃうテクニックを備えてしまいますが。それはそれで必要な事かもしれませんけどね。

で、兄との兄弟喧嘩の話に戻ります。多分、兄と兄の友人達が楽しんでいるところに、仲間に入れてもらえなかったから、僕が、ムキーって怒っちゃったんでしょうね^^ 可愛いです、僕w

子供の僕は、「じゃあ、もう良いよ! 居なくなってやる、死んでやるからな!」みたいな、死ぬという事の意味もよく分からずに、自分の中では「最強の捨てゼリフ」みたいに使っていました。で、うわーんと泣いて、違う部屋に閉じこもるパターンです。心配して呼びに来ないかなぁ?と期待しつつね。

でも、いくら待ってもこない。もう、ホント、死んでやるって飛び出したのに、何故来ない? どうすんの、僕が死んじゃったら。絶対に後悔するよ、いいの、それでも? みたいな感じになっちゃって。自分を憐れみ、こんな自分ってなんて可哀想なんだってところで変に勢いづいちゃってね。

その後、キッチンでね。なんとなく包丁持ってました。特に使う勇気もないし、只、僕の気持ちはホントなんだぞみたいな強がりですね。でも、それだけだとなんかホントっぽくない、そうだ、少しだけ「血」出したら、絶対にみんな謝ってくるに違いないと思ったんでしょうね。

包丁に、赤いものが付着したら、絶対にびびって謝ってくる。そして、仲間に入れてくれるはずだと心底そう思った小学3年生の僕は、ある行動に出ました。今思えば、衝撃的な行為です。

続きを読む

チャネリングメッセージについて

パパンです。
以前も少しだけ書いたような気がしますが、昨今の思うところを残そうかなと。
僕の記事を読んで頂いたら判りますが、自分の中では正直に「内なる声」を書き残しているように思います。誰かを騙そうとか、自分を特別視した優越感によって気持ちよくなりたいとか、誰かを救わなきゃみたいなメサコン思考に陥っているという感じも無いと思います。
人に信頼され、求められたい、沢山の人に不思議ちゃん扱いされたいとも全く思わないし、むしろそんな自分ならば嫌気がしますね。なんか、嫌らしくて。

というのは、自分でもしつこいなぁと呆れる程、僕は本当に疑い深かったんです。
2~3年間は気のせいだと否定し、疑い、自分の想像に過ぎないとひたすら言い聞かせていましたね。そんなこと有り得ないし、僕が想像して頭の中で会話しているだけだと、そう思い込もうとしていたんです。

徹底的に論理性の矛盾は無いか、僕の感情が波打つような、エゴが隠されていないか?とかね。

故に多くのブログでチャネリングメッセージ的な内容を読むと、正直、バカバカしいと鼻で笑っていました。(昔はね。今は、違いますよ^^) 天使とか神様とか、宇宙人とかまぁ色々と書いてあっても、疑いのフィルターを通してしか理解しようとしていませんでした。霊と会話する、又は目に見えない意識体と思念において会話するなんて、あまりにもバカげた事だとね。
でも霊の存在、輪廻転生は有るとそこはなぜか信じていましたね、揺るがない感じ。

そんな、何年間もずーっと疑い深かった僕に付き合ってくれていた存在は確かにおりました。
決して怒ったりせず、又、何か命令口調で指示することも無く、自分は**だと尊大な態度で偉ぶったり、僕の無理解を責める事も有りませんでした。
僕自身に対しても、他人に対しても批難したり、否定することもありません。不安や恐れを誘発するような予言めいた事も決して言葉にしない。母親が幼い子供を抱きしめ、泣いても笑っても、どんなにやんちゃしても、いつもニコニコと穏やかに見守ってくれる、そんな感じです。

そうするとね。さすがに信じざるを得なくなっちゃって。というか、その方々の僕を想ってくれている愛情の深さに心打たれまして、次第に目が覚めたんでしょうね。

でも、そうなると、自分が頭おかしくなっちゃった訳では無いという証拠を強く求めるようになりました。自分が納得できる確かな証拠が欲しくて、まずは手始めに、「名前」を聞きました。
或いは、貴方は誰なのか?どんな存在なのか?とね。

続きを読む

性的な欲望について

パパンです。
今回は僕の中でタブー視してきた「性」について書いちゃえって思ってます。
いきなり、下ネタ風な入りですが、性欲について思う処がありまして。僕の見た目の印象や、僕と話をすると精神年齢が低い為、分からないかもしれませんが、それなりに僕はオッサンです。
かといって、性欲減退している感じもありません。いつでも元気ですよ、色々と。

でもね、なんでしょうね。女性の体とか、見た目の色っぽさとか、そういうのにあまり欲望を感じなくなってきたといいますか。男性ならば誰しもあるような、「好きなタイプの女性を抱きたい」という本能的な欲望と雰囲気が変わってきたのです。なんかそんな思いがぼんやりと薄くなってきちゃった感じ。

ネットですから、エッチな動画でも簡単に見ることができます。
でも、あんまり興奮しない。色んな動画を見ちゃいましたが、なんか遠目で眺めているような不思議な感じです。これはなんだ、全然興奮しないぞ、僕は。どうしたんだろう?と想いながら、ついでに色々と動画を見ていた訳ですよ。
単身赴任ですから、これ位は多めに見てもらわないとw

すると、まぁなんとなくわかってきました。
女性が嫌がっている動画とか、不自然な関係の動画、痛みが伴ったり、心を傷つけるようなシーンのある動画はそれが作りものだとしても全然興奮しないのです。自分の中の支配欲みたいなものが豆粒みたいになっちゃった感じ。

続きを読む