自分の中に流れる不思議な感覚

パパンです。
2年前の自分が残した記事を色々と読み返すと、ホント、なんか恥ずかしいですね。
自分の中で根底に流れる大きな河みたいなところはほぼ変わっていないのですが、細かな枝葉の表現がちょっと違うところを感じたり。ここはもっと自分のおバカな面、精神的に未熟なところを胸張って、「どぉーん」と開けっ放して笑い飛ばすべきでしょ見たいなw

でも、どうにも僕の感じている感覚を言葉にするのが難しいなぁとたまに思います。
言葉を知らない、ボキャブラリーが少ないというのが最も大きな原因ですが、言葉にすると微妙にズレちゃう感じといいますか。かといって言葉多く説明するのはめんどくさくなっちゃったり。巷でよく使われているスピ用語や心理学用語はなんとなく意図して使わなかったり。

自分の中で何かが少しずつ、いや、けっこう慌ただしく変化している感覚があります。
特に最近は強いですね。信じられない程眠るし、全く眠くならない時あるし、生活リズムなんてものはぼ存在しない感じです。

言葉にするよりも正直、思念で伝えあいたいなぁとかぼんやり思います、変ですね、僕は。
でも、変なのは今始まったことじゃないので、ここはど安定でブレませんw
色々と頭でっかちに考えちゃうのもめんどくさいというか、それも、なんかズレちゃうしね。

けっこうざっくりです、何でも。
大きな視点で自分や他者を含む物事を見て、感じて、その時のその感覚で流される木の葉みたいな。流されると言っても誰かや何かの言葉や影響力に流されるのではなくて、「自分の中の影響力」みたいな流れにです。これが一番しっくりと来るんです、ホント。

まぁ、何やらA型らしい細かい自分事を沢山書きましたが、普段は男らしく生きていますよ。
生粋の北海道男児ですから、もう男の中の男です、僕は。毎日が一人男尻祭りです。
居酒屋行ったら、真っ先に北海道名物の「ザンギ(鶏のから揚げ)」を注文します。
北海道民なら全員そうです、ビールとかそんなもん、子供じゃあるまいし (嘘)

で、揚げたて熱々のザンギがテーブルに届くと、から揚げをムンズとわしづかみして、輪切りのレモンの上で、「ムギュゥウウウ!!」って絞り、熱々のから揚げから搾り取った油をレモンの輪切りにたっぷりとかけます。

で、そのレモンを食う。から揚げはポイッと捨てます。かっこいいな、自分。
男らしくて惚れ惚れしますわ。超素敵です^^

ごめんなさい。色々嘘つきました。
おしまい^^
関連記事

コメント

非公開コメント

変化

パパンさん、こんばんは。

私も過去記事を読み返すことがありますが、自分が思っているほどに成長(変化)していないことに気付きます。
年相応に人に対する対応は良くなっていても、根本は変わっていない。そう感じることが多いです。

成熟して変化し、成長していきたいものですね。

うめぞーさんへ

うめぞーさん、こんばんは^^
過去から今に続く歩みって、振り返ると恥ずかしいんですけど、なんか面白くてw
自分の調子ぶっこいてた時とか、もう可愛くて可愛くて笑っちゃうんです、ホント。
かっこつけて、判ったつもりになって、しかも一生懸命な自分でね。

でも、それが有って、今が在るというのも強く実感しています。
故に、もしかしたら1年後も、5年後も、10年後もこうやって自分物語を振り返って
顔真っ赤にしつつ、楽しんじゃうつもりですw

人は進化はしても、決して退化・退歩はございません。
※停滞は有ってもね。

だから、どんな時でも、どんな方でも、昨日より今日は成長しておりますし
逆説的に人は成長が止まらない存在なんだと実感しております。

故に、今・この瞬間で、何かを決めつけたり、思い込むことは、大抵の場合
後になってから訂正が必要になりますね^^ そうじゃなかったんだというね。

自分も含めて、人間や、世界って素敵だなぁとしみじみ思います^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。