霊現象への好奇心・憑依現象について

パパンです。
霊的な世界や霊現象に好奇心や、興味本位から入る方も多いと思いますが、それが早いか遅いかは誠実な学びを求める姿勢によって変わってきますが、必ず、方向性・霊的な理解のベクトルが大きく変わる時が来ます。

僕の場合、そのきっかけとなったのは、自分の中に「霊」ってそんなに忌み嫌われる存在なの? 元々は、同じ人間なのにという考えが強く思い始めた時からですね。

昔の事ですが、テレビの特番などで霊写真特集とかありましたよね。どの写真を見ても、これは悪霊だとか、地縛霊だとか、事故に注意しろとか、良くない霊が映っているから、すぐに除霊しなきゃならないとか。

写真を見ただけで、その霊の想いとか、経緯とか、何が判るの?と。確かに、良くない思念があり、影響を与えているにしても、それらは、全て、霊が悪いと何故言い切れるの?って。

そもそも、同じ人間なのに、霊になったからといって、急に摩訶不思議な悪者的存在に仕立て上げる考え方がどうにもおかしい、決めつけも甚だしいと思い始めたんです。それに、霊になった途端に、何故、経文や呪文、儀式を恐れるの?って。このような理性的に考えればあまりにもおかしい考え方に、疑問を強くもちまして。
それも、今になって思えば、僕の後ろにいらっしゃる皆さんの誘導と思念ですが^^

完全に、人間が作り出したファンタジーなんですね。
※只、霊になった後もそのファンタジーを信じて、苦しくも無い経文で苦しむ方もおります、多くの場合は、思い込みか、演技です^^

霊現象に興味を持つのが最初だとしても、その後は、霊現象よりも、その背後にある「意味」の真実性を求めるようになります。そして、理性的に考え、良心に沿って理解しようと努めます。



ここに行き着く前に、いまだ、霊現象に捕われている方も沢山おりますが、これは当たり前のことですけど、霊現象にとらわれすぎると、沢山の低級霊が集まってきます。そして、実際に物理的な霊現象が身近に起き始めます。

低級霊は、死んで間もなく、霊的成長・進化が遅いため、まだ物質臭が抜けきっておりません。その為、物質世界に近いことから霊現象を起こしやすいのです。そこに興味を持つ、つまり、怖い話や、霊写真、動画(大半は加工処理された嘘)であっても、興味を持つ人の思念に引き寄せられちゃうんですね。

故に、あんまりブログにて、そのような霊現象・怖い話は書きたくないのが僕の心情なんです。だから、読まれる方は、どうか、あんまり霊現象を肝試し的に読まれない事、興味を抱かない事を強くお勧めいたします。

思念で引き寄せられる効果・影響力って、皆さんが想像する以上に、とっても力が有ります。自殺された霊の方のことを想ったり、考えていると、その時点で、自殺された霊の方に全ての思念が届くんです。思念は言葉としてはっきりとね。

思念ですから、嘘はありません。嘘つこうとしても、その意思さえ思念として届きます。自殺された霊に限らず、亡くなった方へ、こちらが想う言葉、思念は、確実に届きます。但し、霊側でそれを聞こうとすればね。

霊の言葉や霊からのメッセージ、霊の意思は、五感では無い感覚を使わないと、捉えられませんので、通常は判らないものです。
故に、思念で意思を通じ合えると言ってもそれが信じられない方が大半ですが、それは、我々の感覚が未熟なだけで、そんな事実は無いと断言することは、「自分が知らないものは世界に存在しない」と断言していることと同様なんです。

霊に届く思念というのは、エーテル体を構築し、霊現象を起こされる意思となります。
それは、我々人間も、霊達も同じね。

ここでお互いに親和性が高まり、霊現象を求めたり、怖いもの見たさで、深入りすると待ってましたとばかりに、低級霊がその人のエーテル体も使って、ラップを起こしたり怖い想いさせたり、暗闇でうっすらと霊らしきものを見せたりしちゃいます。

物理的に発生している霊現象に間違った方向性で深入りしている方は、ある意味、憑依されている状態ですね。そのような方の、言動、目に注目すると、どこか違和感を感じるでしょうね。特に、目線は判りやすいですよ。

又、ちょっと語弊を招きやすいのですが、精神疾患・心理的な病理症状で苦しんでいる方は、宗教や、霊現象に執着しやすいものです。そのような方多いですよね。精神障害と言われる心の病については、多かれ少なかれ、かなり多くの方が、霊的な影響を受けておられるケースがあります。多重人格的な言動をされる方等。

そのような方が身近におられる場合は、どうすれば良いのかということですが。
最も大切なことは、「愛」を持って、誠実に、良心に従って、愛と善意を自らの行動で示すことです。特にご家族の方はね。

間違っても、変な宗教に依存し、それで助けてもらえると思わない事。
宗教には、かなりやっかいな宗教霊が必ず関わっていますので、それはお止め下さい。


愛を持って接し、霊的な影響を受けている方の、「霊性」を高められるような言動を自らで実践することです。つまり、相手を変えようとするのではなく、その相手の心が「愛」に満たされ、優しさに気づき、そのままでも愛されている事を実感出来るように、相手の意志と心をどこまでも深く信じる事です。

同時に、あまりにも憑依が進んでいるならば、その方の守護されている霊にお願いしてください。要は、守護されている皆さんの絶大な影響力から、低級霊によって目を逸らされている状態なんです。

線香あげて、経文を唱え、壁にべたべたとお札を貼る事じゃありません。
むしろ、それは本当にお止め下さい、悪い影響力を強めるだけです。


家の中を綺麗にして、落ち着いた雰囲気をつくりあげる事です。
怒鳴り声とか、誰かに気を使って、おどおどと不安渦巻く環境を改善する事。
出来る限り、明るく、笑い声溢れる環境を目指すことです。

それが出来ないから困っているという方もおりますね、勿論、判りますよ。
誰かか悪い、誰かを変えようとするのではなく、自らが、その関係において、正しく、誠実に、愛を持ってそれをどこまでも実践すること、これにつきます。

環境の波長を大きく変革しちゃうのが、一番、手っ取り早いのです。
雰囲気といいますか、空気感といいますか。お互いの人間関係において、穏やかに正直に、純朴に生きる関係を目指して頂きたいのです。

簡単に言えば、自らの霊性進化・向上が、憑依されている方の霊性進化・向上を
引き寄せ、それを強く促すんです。そうすると、守護されている方の力も強まると同時に、憑依霊の向上と、理解も促進します。


自らの霊的な学びは、当然、思念として、憑依霊にも、守護されている皆さんにも通じています。言い換えれば、同時に、学んでいるということ。

全てにおいて、これ以上の「除霊・救霊」はありません。
自己の向上無くして、霊能者に霊を離すだけの除霊をお願いしても、ほとんど意味が無いのです。演技で一時的に離れるでしょうし、すぐに戻ってきますので。

本物の霊能者であれば、上記のように、自らの在り方、精神的な環境改善を必ず指示すると思いますよ。そうではなく、なんでもかんでも霊のせいにする霊能者は間違いなく、嘘っぱちです。

色々と書きましたが、ケースバイケースもあります。※カルマ的な問題の場合は別。
あくまで、根底となる基本部分として、ご理解くださいませ。

おしまい^^
関連記事

コメント

非公開コメント

こんばんは

papan0205さん、こんばんは。

私自身、霊体験をしたことがないのでわかりませんが、これだけは許せないということがあります。TVの番組で心霊写真などを取り上げて、面白おかしく演出しているもの。そして、霊がいるという場所に行って、いたずらに霊を刺激するような行為です。そういうことをすること自体、よろしくないことだと考えています。

私の知り合いにも精神疾患の方がおられますが、やはり宗教を信じる傾向にある気がします。高額なお布施をしきちんと神様を信じれば、統合失調症や躁うつ病が治ると言われているそうですが、これも私にとっては??という感覚を覚えてしまいます。

おっしゃられる通りだと思います。まずは何かに頼るのでなく、自分自身の生き方の環境をいいものに変える。そして、自分自身が高い人間性を持てるよう努力する。そういう現世での生き方が大事だと思うところです。

うめぞーさんへ

こんばんは^^ うめぞーさん。
TV番組で、面白おかしく演出したり、過度に怖がらせるようなおどろおどろしい
解釈を付けたり、沢山の方が亡くなられた場所で霊を刺激するような番組、
ホント、よくありましたね。
高視聴率なのか、お盆時期になると必ずやりますね、ああいうの。

霊にしたら、大迷惑な話ですし、知りもしない赤の他人から、いきなり悪者扱いされ
何もしていないのに、怖がられ、そして、よくわけのわからない霊媒師とか、
お坊さんが何人も集まって、大きな声で読経を読み、護摩を焚いて追い出そうと
します。

あのような番組を作る方々の家にね。変な集団がいきなり入ってきて、いきなり
大きな声でお経を唱えられ、
「おいおい、なんなのいきなり、何しに来たの、あんた達」って伝えるために
近づいただけで、寒気がするだの、気持ち悪いだの、散々言われたらどう感じるで
しょうかね。

人間だって、良い人もいれば、ちっょと意地の悪い人もおります。
短気な人もいますし、最初は気難しくても、話せばわかってくれる人もいます。
霊も、全く同じなんですけどね。姿かたちが見えないというだけで、ひどい
扱いです。というか、完全な差別ですね、ホントに。

そんな扱い受ければ、霊じゃ無くたって、誰でも怒りますし、ちょっと、
こらしめてやろうと僕でも思っちゃいます^^

交霊と称して、霊を霊媒に下ろすのも同じです。
裁判で尋問席に立たされて、くだらない事を根掘り葉掘り聞き出されるのも、
かなり迷惑な話です。
その為、出てくる多くの場合は、からかい目的の低級霊です^^

実際に、嘘をついて、霊が下りてきた演技をする詐欺師も沢山いますので、
どっちもどっちなんですが。


>高額なお布施をしきちんと神様を信じれば、統合失調症や躁うつ病が治ると
>言われているそうですが、これも私にとっては??という感覚を覚えて
>しまいます。

あらら。でも、多いですね、そのようなケース。
高額なお布施、まずここから間違ってます。お布施は気持ちですので。
信用ならないという宗教や霊媒師ならば、0円だって良いんです。
そして、必ず治ると仰る方ならば、それで、はっきりと確信できることがあります。

その方は、詐欺師です。又、その方こそ、邪悪霊の影響を強く受けており、
出来る事ならば、一切関わらない方が良いですね。

詐欺師と断言したのは、カルマ的な意味で、その人がその人自身で痛みを知り、
償わなければならない病もあるからです。或いは、その病を通して、その方の
魂の学びとするため、産まれる前から計画していた事とか。

霊の成長はこの世だけではなく、遠大な計画の中で計算されて、準備された
因果応報、因果律とも言われるカルマの場合は、どんな方であっても治すことは
不可能なんですね。

只、ちょっとこぼれ話です^^
主に宗教霊や低級霊が使いますが、わざと、低級霊を憑依させて、体調不良や
精神疾患を誘発させます。そして、その後、いかにも、宗教の力で、それを除去した
ように見せかけて、(実は、大元はその宗教なんですが)低級霊がいったん離れるとか、
低級霊の影響をわざと弱めるとか、そういうえげつないこと、けっこうやります^^

そんな体験しちゃうと、この宗教は本物だって思い込んじゃう。

でも、そういった霊が全て悪いという訳では無くて、結局は、宗教に頼れば助けて
もらえるという、依存心からなる自分の心が、引き寄せてしまうものです。

只、本当に苦しい想いで病と闘っておられる方もいますね。
わらにもすがる思いで、宗教に救いを求める心情も判ります。
でも、そこでも、やはり、理性と分別心。ご自分の心を見つめ、良心の声を聴く
姿勢があれば、偽りと真実を見抜けるかもしれません。

只、精神の病を経験された方は、感受性が強く、霊的自覚は無くても、
霊的な感度が高い方が多いですね。躁鬱が発症した後に、急に霊能が開発された
という方も沢山いらっしゃいます。

霊と感応する時、霊視や、霊聴もそうですが、軽いトランス状態になっています。
身体的な意識が弱まると、霊的意識が敏感になるんですね。
瞑想なんかは、まさしく、身体感覚を弱め、意識的に夢遊病状態の脳波を作り出す
ようなものなんですね。

心の病と言われる状態の時は、遠からず、上記のような意識状態も経験される
でしょうね。過度な興奮状態は別としてね。
霊的感度が高く、同時に、軽いトランス状態の時間が多く成れば、その分、
霊の波長を拾いやすくなります。まるで自分の考えのように、錯綜した色々な
言葉や考えが頭の中に湧き上がってくるような感じの時。
ひとつの考えに対して、同時に逆の考えもわいてきたり。全く違う考えで
急にとって変えられたりとかね。

そこから抜け出すのは、心の状態を変えることが一番手っ取り早いです。
環境を整理整頓し、綺麗にする。お風呂に入って、ゆったりとする。
取り返しのつかない事なんか無いのだから、後悔も不安も取り越し苦労も全部やめて
自分勝手な位に、心を窮屈にする荷物を全て捨ててしまう。

そして、どんよりとした重苦しい心の荷物が無くなった、今の心の軽さを、
最高の幸せとして楽しむ気持ち。そんな時間を意識的に作り上げることが大切だと
思っています。

明るい気持ち。楽しい気持ち。幸せな気持ち。ウキウキするような気持の時は、
貶めようとする思念や波長と合いませんので、心が安定してきます^^

話が随分と大きく脱線してますねw すみません。

結局は、自分自身の在り方に全て帰結しちゃいますね。

自分自身が高い人間性を持てるような生き方を実践する。

そこに繋がらないものは、依存的であったり、利己的な称賛、羨望、見栄を求める心
自分の本心を偽る言い訳の道と言えるのかもしれません。

難しくもありますが、けれども、一番の近道のような気がします^^

コメント、ありがとうございました^^