--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

書けなくなった意味

パパンです。
やっと、意味が判りまして、いやはや。なんともね、ハイ。僕の未熟さを痛感です。
読まれた方は、何のことか、さっぱり判らないと思いますので、経緯を書きますね。

まず、ここ数日、コメントの返信や、新たな記事を、何度も書こうとPCに向かって
いたのですが、不思議なことに、全く、文字が打てないんです。
書きたいとする意思がなぜかわかないし、言葉となるインスピレーションが全く
無かったのです。

それでもね、頑張って、長文の記事や返信を書いてみたのですが、何故か、消し
ちゃうんです。で、すぐに眠くなっちゃうの^^

実は、数日前にね、あるメッセージのようなものが聞こえてはいたのです。
「思いあがってはならぬ、わきまえよ。仕事にも集中せよ」というような言葉
だったんです。

でもね、正直に書きますと、「はーい、判りましたよー」という程度に僕は聞いて
いたのでしょうね。もう、バカですねー、はいw

それで、頂いたコメントの返信や、新しい記事を書こうかな?としていたら、
全く書けなくなりました。今まで、PCで沢山書いた時、一日で一度に大量の文章で
更新した時もありますが、そういう時って、いくらでも書いてて疲れないし、
ほとんど訂正が無い。最も適切な言葉に差し替える時は有りますが、ほぼ修正
しません。

でも、今回は、全く今までと違いました。
理由も聞きました、ずばり、2つありましたね。


1つは、「霊的なことに捕われすぎて、目の前の仕事を疎かにしてはならぬ」
いうことでした。確かにね、昨今の仕事の忙しさは、ホント、目が回ります。
明日も朝7時から、恐らく、深夜2時まではびっちりと仕事が続きますし。
※こんなことはあまり無いけどね。

霊的な世界について、あれこれと深く考え、想いを馳せることも大切だけど、
額に汗して、仕事を頑張る事。対人関係や、仕事を通して、霊的な生き方を
実践する努力をせずに、頭でっかちになっても意味が無いということです。

よく、修行僧や、宗教家がね、経文や宗教を深く研究し、修行に明け暮れても、
実は、霊的には何の向上にもならない。

それが、誰かの為になり、人の為であり、動物の為であり、世界の為にならない
ならば、どんな修行であっても、只の自己満足であり、言い換えれば、それは
利己的な行為に他ならないということです。


人に対して害にはならなくても、善にもならないから、何もしていないに等しく、
それは、生かされている「今」を大切にしていないこととなります。

教会で、聖書を読んだり、お祈りを捧げたり。
一心不乱に般若心経を唱えて滝に打たれる暇があるならば、涙に暮れている人を
励まし、生きる希望を失った方に勇気を与え、お金が無い人に、自分の持っている
ものを差し上げて、少しでも、人の為になるよう、地味で目立つことなく行動する方が
よっぽど霊的な生き方ですね。

つまり、僕は、目の前の仕事を通して、困難なことでも頑張っている仲間達と共に
一緒に、悩んだり、苦しんだり、一緒になって小さな成功を喜んだり。
そういうことから学ぶことが大切なのに、霊的知識や、真理、自然法則について、
ちょっとだけ覗き見た程度で、そんなことに捕われて本当に大切な「今、この時」から
学ぶことを疎かにしてはいけないよという、厳しい指摘を受けました。
はい、ごもっともです。

そして、何も書けなくなったもう一つの理由は、
僕が、書いている訳では無く、僕はあくまで、霊的な存在の言葉を届ける、
ウェイターに過ぎないということを、しっかりと僕に判らせる為でした。

ここ、実は、本当にものすごく大切な処なんです。

多くの宗教家、スピリチュアリストと呼ばれる方が、いつの日か、自分に酔ってしまい、
己惚れてしまったら、高次の存在からの言葉が届かなくなっちゃうんです。

届いていても、己惚れと、驕りから、低級霊に波長が合いやすくなっちゃって、
どんどん、メッセンジャーでしか無いその人が神格化されてしまうんです。
低級霊がね、そのように仕立て上げちゃうんです。

そうすると、その人は気分が良いものだから、いつの日か思い上がりが強くなって、
人を見下げたり、裁いたり、自分の思い通りにならない人を卑下したり、自分は
特別だと救世主気取りになって低級霊の良いオモチャと化します。


そんなこと無いだろうと、想う方もいらっしゃるかもしれませんが、めちゃくちゃ
多いです^^ そういう方。その人の見栄っ張りな欲を刺激し、助長していますので、
そこに気づくのは、自分の嫌な処にもしっかりと光を当てる勇気が必要です。

深い内面的洞察によって知るか、或いは、痛い思いして学ばないと、
中々、難しいかも。

霊的な向上を目指すものは、人一倍、謙虚でなくてはなりません。

で、自分の事に話を戻しますが、つまり、僕が書いていた記事、返信も含めて、
確かに文字として僕がキーボードで打ちましたが、多くの言葉は霊的な存在から、
「このように書きなさい」と指示が有ったものです。

只、それは言葉では無く、感覚的なイメージであり、シンボルであり、「感じ」で
伝わってくるものですので、僕の少ない言葉のボキャブラリーから限られた表現しか
言葉に出来ません。そこは、どうか、許してくださいませ^^

霊的な皆さんからの言葉を、僕が、まるで自分の言葉みたいに思いあがってしまうと、
虎の威を借りる狐みたいなもので、それを判らせるために、わざと、何も届けず、
僕にインスピレーションを伝えなかったんですね。

だから、僕が書こう、さて、書かなきゃみたいに思っていても、そりゃ書けません。
かといって、僕の知識や、知っている情報から書くことも出来ますが、
「それはダメ」みたいな「感じ」だけは、随分とはっきりと伝わってきますので、
そりゃ、消しますよ^^

もう一つ、補足で書けば、
霊的な皆さんは、決して、「こちらの都合で行動されない」ということです。
我々には判らない、時間的なものや、人と人との縁、繋がり、カルマの関係や
多くの霊的な影響力・関係性、段取りや順序、優先順位があるのでしょう。

だから、何でも、こちらの思い通りになると思っていたら、そこにも、
「思いあがってはいけないよ」という意味で、メッセージをくれないことも
あるという事。

つまり、メッセージが届かないということが、実は「メッセージ」であり、
そこに意味が有るんですね。
深く、考えさせられました、ホント。

ちなみに、今回の記事は、10分くらいで一気に書いてますw
はい、こういうことなんですね。
自分の未熟さと、前を向いて歩むことの大切さを、改めて、痛感しました^^

おしまい^^
関連記事
22:36 | 内なる声 | comments (5) | edit | page top↑
最近好きなBGM、動画とか | top | プロフィール的な、自分の事。

Comments

#
素敵なBGMを聞きながらコメントさせていただいてますe-68
いつか、パパンさんと時間を気にせず、ゆっくりと想いで話ができる日を楽しみにしています♪もし、わたしが先なら、ご挨拶に参りますね(笑)

メッセージが届かないことにも、メッセージが込められてたんですね!

最近、お体の調子も悪いようですし、お仕事もハードな様子ですので心配しておりました。

わたしもそうですが、パパンさんのブログを訪れる方は、きっと返信が遅いことなど、気にされる方はいないと思いますi-189
過去記事や記事の内容を何度も読み返したくなるんですよねぇ~。
あんまり頻繁に開くと悪いかな~と思うくらいです(笑)

ずっと気になっていたんですが。。。
後ろの方とのやり取りは、かなり肉体的な疲労もあるのではないでしょうか?
そうでなければいいのですがi-201

たまには、パパンさんご自身のためのお時間もゆっくりお過ごしくださいませi-189

明日も超~ハードなお仕事のようですので、どうか無理をされませんようにi-176

いつも、本当にありがとうございますi-189
では、また~i-189おやすみなさい。
by: まんまぷっしょん | 2016/06/18 00:54 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2016/06/18 09:10 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2016/06/18 09:12 | URL [編集] | page top↑
# まんまぷっしょん さんへ
こんばんは^^ まんまぷっしょんさん。
お優しいお気遣い、ありがとうございます^^

>もし、わたしが先なら、ご挨拶に参りますね(笑)
あははw そうですね。どの道、霊として死ぬことも消えることもありませんから
必ずお会いすることは出来ると思いますよ。人と人との繋がりは、そこに心(魂)の
波長が合ったならば、見失うことも、迷うこともありませんので^^

>過去記事や記事の内容を何度も読み返したくなるんですよねぇ~。
嬉しい事を仰いますね^^ ありがとうございます。
でも、以前の記事は、自分では恥ずかしくて。心のまんま、伝えられたメッセージの
ままに書いているから、あまりに赤裸々でw でも、背伸びしてもしょうがないしね。

恥ずかしい僕も、僕のまんまです。
そして、そんな恥ずかしい僕は、これからも続くでしょう^^

>後ろの方とのやり取りは、かなり肉体的な疲労もあるのではないでしょうか?

実はですね。全然疲れないんですよ、これが^^
むしろ、後ろの方のメッセージを受けている感じの時は、とっても心が落ち着いて
いて、穏やかで、何の苦痛も無く、頭の中でも考えたいことが何にもない感じです。
只、後頭部が痺れるような感じがしたり、体が温かくなる様な感じです。

それで、後ろの皆さんだなと、判断したりします。
逆に、変な真っ黒な感じの時。何といいますか、心がグレーで、どんよりと沈んで
いる時や、どうにもはっきりとしない、漠然とした不安感みたいなものを感じる時は
心が波立っている時ですね。波長が、後ろの方では無いところに合いやすくなってる
時です。あんまり無いですけど、たまにありますね。

そういう時って、些細なことにイラついたりします。
うん?なんかおかしいな?って気づきますね。で、そこに気付いたら、大抵、静かに
精神統一して、心の平静さを取り戻すようにしています。感情的になっちゃうと
どうにも、後ろの方の声が聞こえなくなっちゃうので。

もう一つ、僕的には面白い判断基準があるんです^^ これは裏技ですw

①小さな物事や言動に心がフォーカスし、それを悪く解釈しているか
(良い・悪いを明確に線引きし、それに当てはめようとします)

②全体の流れを捉えようと俯瞰で感じようとし、それを良い方向で解釈しているか
(こういう時って「判断・分別心」が薄くなります)

①の時は、どちらかというと、未熟霊やいたずら好きな霊、取り越し苦労を与えて
不安にさせて楽しんでいる霊の思念と波長が合った時。或いは合いやすい心の状態ね。

②の時は、守護されている霊や後ろの皆さん。又は、霊性の高い霊の思念と
波長が合いやすくなっている時ですね。

つまり、自分の心の状態、思考の傾向で、自分が受けている波長、受けやすくなって
いる波長が判りますね。只、これが又面白い事に、①の場合は、それに気づいても、
「それを考えさせないような思考・思念」も登場したりします^^

要は、気付かせないような思念があって、イライラしたりする時は、霊的なことを
わざと考えさせないような思念が届きやすくなるんですね。

多分、なんとなくわかって頂けると思います^^

決して、自己主体性を揺るがすほどでは無いにしても、人は、想像以上に、
かなり多くの霊による思念を受けて、それを選択しつつ生きている気がします。

多くの場合は、アドバイスみたいなものです。良くも悪くもね。
だから、何を選択するかは、こちらの意思にかかっています。
自由意思は、神様から授かった神性の一つですから、高級霊も、低級霊も、
それを奪うようなことは本来出来ません。
そこに依存し、自由意思を委ねない限りね。


>パパンさんご自身のためのお時間もゆっくりお過ごしくださいませ
はーい♪ ありがとうございます。休みの日は存分に時間を無駄に過ごす贅沢を
楽しませて頂きます^^

大変な時に努力することも。のんびりと楽しむことも。遊ぶことも。
全てが、中道、ほどほどであれば、許されると思っていますw 

生かされている「今」を楽しみましょうね♪
by: papan0205 | 2016/06/19 22:34 | URL [編集] | page top↑
# 鍵コメさんへ
鍵コメさんへ^^
ジブリ音楽良いですよねー。なんでしょうね、ジブリの音楽は不思議と、懐かしい
感じがしちゃいます。優しさと押しつけがましくない自然な音が素敵ですね。

アウトプット後はインプットの時期という感じ、判ります。
只、アウトプットと同時に、インプットも育まれていたり、インプットによって
アウトプットされることが変容していったりもしますので、明確な線引きは
難しいかもしれませんね。

と書きながら、知恵熱出そうですw ごめんなさい、小難しくなっちゃいましたw

「クラウンチャクラが開いた状態」ですが、どの状態が開いているのか、これまた
今の僕には判らないというw 只、お書きになられた霊的な繋がりの状態

・何もかもがあるがままの状態で受け止められる
・無償の愛を注げるような感じ
・何もかも許せるような感じ

これは、まさしくその通りだと思います。自分ががらっと変わっちゃったのかなと
想えるほど、その全てが強く感じられる瞬間が出てきますね。
全てのものが愛しく、涙が流れるほど、美しく感じられたりね。

又、これもお書きになられた通り、その時の魂の状態によって、ぶれることが
たーくさんあります。僕の日々はほとんどブレブレでございますw
故に、調整が必要というのも、本当にその通り、実感としてそんな感じです。

ネイティブアメリカンの考え方。インディアンの思想って、とんでもなく精神性が
高かったと僕も思います。現在のスピリチュアリズムで言われている事の大半が、
既に実践されており、又、霊とのつながりも現在よりもはっきりと実感されて
いましたね。霊主肉従の真理が生き方に貫かれておりました。

現在は、物質が豊かになったと同時に、物質偏重によって、物質中心主義と
利己主義が世界経済の中心となり、唯物主義教育によって目に見えるモノしか
確信できない癖がついてしまったのでしょうね。

精神性の高さは、そのまま、霊性の高さにもつながると思っています。
そうすると、インディアンもそうですが、昔の人も自然を愛し、目に見えない存在に
畏敬の念を持ち、神様がいつも見ていると、どこか自分を律する「眼」を信じて
いました。それは、非科学的という見方から、幼稚な見解だと時代と共に
忘れ去られた考え方ですね。

でも、これからは逆に、そこにフォーカスされる時代になると思います。
今現在も、世界中で、スピリチュアリズムの真実性が実証されつつあります。

ネイティブアメリカンの考え方に心が同調するのも、それは、魂のどこかで
知っていた事なんでしょうね。故に、共感し、明確に意識化されて、自分に
染み渡っていくというか。
言葉は忘れちゃっても、「精神性」が呼び起こされる感覚です。

そんな感じを、とっても大切にしたいですね^^

体を労わる優しいお言葉、ありがとうございます^^
沢山寝て、沢山食べてがんばりますw
by: papan0205 | 2016/06/19 23:25 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。