--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Fri.

「霊」のメカニズムと実態③

パパンです。
「霊」のメカニズムと実態②の続きです。

・「霊」のメカニズムと実態①
・「霊」のメカニズムと実態②
・「霊」のメカニズムと実態③

Q:じゃあ、生霊は?
普通の幽質結合体で見えるパターンと同じです。
思念で作られますから、強い思念を持っていれば、霊である人間にだって作れます。

そして、それを飛ばすことも出来るでしょうね。

Q:憑依現象はどういうこと?
憑依現象は、いくつかの段階があります。最初は思念によって影響を与える状態
思念影響と名付けますか、そのままだけどw とりあえず、これが第一段階。

親和性も高まり、それが浸透してきたら、そのまま、第二段階の思考支配に突入。
幻聴、幻影、妄想、作為体験の伴う憑依段階と言えます。
強い意思によってコントロールがまだ出来る状態です。

これで、思考もコントロール出来たら、生きている方の幽質結合体を勝手に
使っちゃう。つまり、行動支配が第三段階ですね。
こうなっちゃったら、もう、憑依した霊の思い通りです。思考も行動もね。
意思ではコントロール制御が困難な状態です。※全く出来ない訳では無い。

只、第一、第二の段階で、霊である自分の強い意志できっぱりとはねのける事は
可能です。それを受け入れちゃったり、諦めちゃったり、逆に依存しちゃうと、
第三段階まで進むことがあるということです。


親和性が高まって、初めて憑依が進行しますので、逆を言えば、親和性を
高めないということです。
未熟霊というのは、破壊的、享楽的、悲観的な思考傾向、
肉体の欲望や利己的な執着心に思念を合わせてきますので、逆の想いを持つ
ことによって、低級な思念のチャンネルに同調しにくくすることです。
これは、高次の存在である守護霊とのチャンネル強化になるので、最も効果的な
方法です。


Q:除霊・エクソシズムの効果は?
お経、経文、仏具、九字、結界法、五大明王の真言他、古くから伝わる儀式は?

物(仏具、塩、パワーストーン、お札、十字架他)や、唱えるだけの経文には何の効力も
ありません。
考えてみて下さいな。同じ霊である、自分や友人に経文唱えて、
苦しむと思いますか? 数珠を振り、九字を切っても、霊にとってはお遊戯なんです。

でも、明らかに効果がある時もあります。

それは、霊を想う愛や、慈しみ、心から相手の向上を願う「想い」が伴っている事。
そして、神仏のお力が関与している時です。


どのような霊であっても、全ての意思伝達は思念ですから、怖がって唱えているだけの
経文は騒がしいだけです。

生きている人間と同じです。
ちゃんと心で向き合って、正直に、誠実に話し合う気持ちが一番大切なんです。


言葉にしても、それは霊には勿論聞こえてますが、霊は思念、つまり、言葉の裏の
想いも全てお見通しです。だから物質世界のように、心のウソを隠して、
言葉で何とかしようとしてもダメですよ。あくまで、思念が中心です。

そういう意味において、仏具やパワーストーン、経文も「思念の善性」を
高めるならば、効果は出て来るでしょうね。


でも、一番大切なことは、自分の力を過信しないことです。
高次の存在に取り次ぐための、橋渡し役として、接するのが重要ですね。


Q:それでも、経文で苦しむ霊、離れる霊がいますよ?
経文や儀式で苦しむ霊というのは、大きく分けると2パターンですね。

ひとつは、苦しくないけど、苦しんでおけば、とりあえず相手は「効いている」と
思って、これ以上のことはしないだろうという目算です。
小さな子供が、歯医者で大げさに痛がる姿と同じですよ。

これ以上の事と言うのは、高級霊とか、指導霊、救霊を目的とした霊の集団が
自分のところに来ることなんです。霊の世界では、霊性の上下による力の格差は
絶対的であり、憑依している自分の心に、申し訳なさとか、後悔、罪悪感が
湧き上がってきたら、すぐに、その心を高めるように善性の影響力が降りかかって
きます。


こうなると、自らの執着心も薄れ、穏やかな心が蘇ってきて、行くべき処へ
向かう気持ちになります、決心が付くんでしょうね。

で、苦しむ霊のもう一つのパターン。
人間の持っている身体的な磁力といいますか、念力みたいな影響力です。
これは霊的な力ではなく、人間の持つ超能力の範囲です。
厳しい修行によって、そういった能力を高めた密教僧とかね。
只、無理やり、一時的に離されても、すぐに戻ってくるのが大半です。

また今度、時間ある時に、続き書きます^^
関連記事
03:57 | スピリチュアル | comments (0) | edit | page top↑
パワーストーンについて | top | 「霊」のメカニズムと実態②

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。