霊現象への好奇心・憑依現象について

パパンです。
霊的な世界や霊現象に好奇心や、興味本位から入る方も多いと思いますが、それが早いか遅いかは誠実な学びを求める姿勢によって変わってきますが、必ず、方向性・霊的な理解のベクトルが大きく変わる時が来ます。

僕の場合、そのきっかけとなったのは、自分の中に「霊」ってそんなに忌み嫌われる存在なの? 元々は、同じ人間なのにという考えが強く思い始めた時からですね。

昔の事ですが、テレビの特番などで霊写真特集とかありましたよね。どの写真を見ても、これは悪霊だとか、地縛霊だとか、事故に注意しろとか、良くない霊が映っているから、すぐに除霊しなきゃならないとか。

写真を見ただけで、その霊の想いとか、経緯とか、何が判るの?と。確かに、良くない思念があり、影響を与えているにしても、それらは、全て、霊が悪いと何故言い切れるの?って。

そもそも、同じ人間なのに、霊になったからといって、急に摩訶不思議な悪者的存在に仕立て上げる考え方がどうにもおかしい、決めつけも甚だしいと思い始めたんです。それに、霊になった途端に、何故、経文や呪文、儀式を恐れるの?って。このような理性的に考えればあまりにもおかしい考え方に、疑問を強くもちまして。
それも、今になって思えば、僕の後ろにいらっしゃる皆さんの誘導と思念ですが^^

完全に、人間が作り出したファンタジーなんですね。
※只、霊になった後もそのファンタジーを信じて、苦しくも無い経文で苦しむ方もおります、多くの場合は、思い込みか、演技です^^

霊現象に興味を持つのが最初だとしても、その後は、霊現象よりも、その背後にある「意味」の真実性を求めるようになります。そして、理性的に考え、良心に沿って理解しようと努めます。

続きを読む

人は死んだらどうなるのか⑨[まとめ]

パパンです。
とっても長くなりました「死んだらどうなるのかシリーズ」において色々と書きましたが、まだまだ記載不足な面も多々あります。

けれども、死後の世界も含む、スピリチュアリズムについてとっても大雑把にまとめると、難しい事は何も無くて、基本は4つだけです。

①人は、産まれる前も、生きている今も、体の機能が停止しても霊として存在する。

②霊は、個性も習慣も、性格も、趣味も、その精神性全てを維持して存在する。

③霊性(人徳)を高め、親である神様に近づくための精神修行を永遠に行うことが霊の努めであり、目的である。

④霊性進化を助ける為、人間には複数の霊がサポートし、守護してくれている霊がいる。
つまり、決して、孤独では無いということ。


シンプルですが、上記4つが、霊的世界の事実であり、それを知っているか、知らないかによって、死んじゃった後、或いは、生きている「今」の在り方が大きく変わってきます。

続きを読む

ご訪問頂いた皆様へ

パパンです。

はい、生きておりましたw まだ、遺言ではありません。

すみません、随分と更新できない期間が続いてしまいました。

今週の仕事の忙しさが、尋常じゃない状況になっちゃいまして、帰宅後、PCに向かう時間か全然無くなっちゃったんです。というより、ご飯食べて、死んだように眠っちゃう日が続いてました。

その為、記事の更新、コメントの返信が大変遅くなってしまいました、アクセスしてくれた皆さま、大変申し訳ありません。

更新されていなくても、アクセスして頂いた皆様のところへは、後程、改めてお邪魔させて頂きますね^^何卒、宜しくお願いいたします。

人は死んだらどうなるのか⑧[輪廻転生について]

パパンです。
人が死んだらシリーズの続きです。間が開いてしまいました^^

・輪廻転生ってあるの?
どうやら、あるみたいです^^ 人によって、回数の多い・少ないと誤差はあるでしょうが、普通の人でも3~4回くらいは、再生しているらしいですね。「再生」すると言っても、すぐに再生する方もいれば、それが許されない方もおります。

許されないというのは、前世での生き方によって作り上げたカルマの影響だったりね。

多くの心霊番組や、占い師・霊媒師という方が、前世は有名な**だったとか、お金持ちで王家の血筋を引くものだったとか、まぁ、色々とよくある話です。
でも、人徳である「霊性」は進化しても退化はしません。※停滞はあります


ということは、前世がどのような立派な方であろうと、或いはそうでなかろうと、
「今、この時」に生きていらっしゃる方のほうが、前世より進化しているから「今、現在」生かされているということです。

前世が、立派な人だったら喜び、又は、そうでなかったら悲しんだり、嘆いたりするのは、ご本人の「見栄」であり、虚栄心からなる邪な想いに過ぎません。それに、前世がどんな功績を残そうがそれはそれで既に関係ない事です。※先祖霊にしたら、そんな功績よりも、生き方・精神性を真似て欲しいと望みます。

前世の名前に拘ったり、守護霊の名前を知りたがるのは、「人より自分は偉い」と思いたい、人より自分は優れていて、立派だと見せたいという気持ちから、そのようなどうでも良い事に執着してしまうのでしょう。

見栄っ張りや、目立ちたがりはそこを低級霊に付け入れられ、良いように利用されますよ。

続きを読む

最近好きなBGM、動画とか

パパンです。
最近、僕の好きなBGMです。
PCに向かっている時、読書している時はいつも流していますね。

Piano Collection - Full Album (Disney)

【作業用BGM】 感動のジブリピアノメドレー・高音質

スタジオジブリ宮崎駿リラクシング·ピアノ音楽


心に響く好きな曲・動画

元ちとせ - ワダツミの木

語り継ぐこと Live

おまけでしたw おしまい^^

書けなくなった意味

パパンです。
やっと、意味が判りまして、いやはや。なんともね、ハイ。僕の未熟さを痛感です。
読まれた方は、何のことか、さっぱり判らないと思いますので、経緯を書きますね。

まず、ここ数日、コメントの返信や、新たな記事を、何度も書こうとPCに向かっていたのですが、不思議なことに、全く、文字が打てないんです。書きたいとする意思がなぜかわかないし、言葉となるインスピレーションが全く無かったのです。

それでもね、頑張って、長文の記事や返信を書いてみたのですが、何故か、消しちゃうんです。で、すぐに眠くなっちゃうの^^

実は、数日前にね、あるメッセージのようなものが聞こえてはいたのです。
「思いあがってはならぬ、わきまえよ。仕事にも集中せよ」というような言葉だったんです。

でもね、正直に書きますと、「はーい、判りましたよー」という程度に僕は聞いていたのでしょうね。もう、バカですねー、はいw

それで、頂いたコメントの返信や、新しい記事を書こうかな?としていたら、全く書けなくなりました。今まで、PCで沢山書いた時、一日で一度に大量の文章で更新した時もありますが、そういう時って、いくらでも書いてて疲れないし、ほとんど訂正が無い。最も適切な言葉に差し替える時は有りますが、ほぼ修正しません。

でも、今回は、全く今までと違いました。
理由も聞きました、ずばり、2つありましたね。

続きを読む

プロフィール的な、自分の事。

パパンです。
最近はスピリチュアルな記事の更新が多くなってきましたね^^
正直、自分でも、心配なところもあります。ここまで書いちゃって良いのかなーって。僕自身が、どう思われるのか怖いんでしょうね、きっと。どうしちゃったの?ってね。

それはそれで、しょうがないと思う反面、けれども、せっかくだから、プロフィール的に、今までの僕の人生について書こうかなと思います。今更ですが^^ 只、あまりにも長くなっちゃうので、簡略化して記載しております。ちよっと怖い話もあります。

最初の頃の記事に書きましたが、いじめっ子だった僕は、尊敬できる友人や、先生と会い、こんな自分を変えたいと望みました。同時にね、罪滅ぼしのつもりで、少しでも人の役に立ちたいと強く望むようになり、偶然、北海道カウンセリング協会の会長と知り合いまして、本物のカウンセリングを学ばせて頂く機会を得たんです。

そして、多くの仲間と出会い、机上の論理や、心理療法ごっこではなく、あくまで目の前で本当に苦しまれている方と向き合う、真剣・命がけのカウンセリングを学ばせて頂きました。只、僕自身は他の方々と比べたら、全然ヒヨッコですので。一人前とは程遠い自分です。それは今でも変わりません^^

その後、多くのクライエントと会い、時には、イメージ療法という、いわば催眠療法も行っていたのです。そんな中、女性のOさん(仮名)と出会いました。Oさんはうつ病を患っており、リスカ、ODは当然ながら、自殺衝動が抑えきれない危険な状態でした。かといって、緊急入院も困難な状況だったのです。

これはまずいと思って、緊急処置的に自宅の僕の書斎で、催眠療法を行ったんですね。

続きを読む

人は死んだらどうなるのか⑦[霊界生活のその後]

パパンです。なんか、このテーマで随分と長くなっちゃって、申し訳ありません。
人は死んだらどうなるのかシリーズの続きです。

・霊界に行った際、愛し合っていた夫婦は又会えるの?

愛があれば、お互いに引き寄せ合い、一緒に生活することも出来るそうです。只、現世のような結婚式はありません。そもそも、結婚式やお葬式も、人間が作った儀式に過ぎませんので。

結婚式はおめでたいことですから、霊界でも親族が集まって、二人の前途を祝福してくれるでしょう。只、結婚式というような儀式ではなく、お互いを求める「純粋な愛」の上で、それを誓い合う形となります。

霊界の場合、言葉だけの誓いではありません。思念の世界ですから^^
嘘偽りも無く、又、肉体への執着も無い(体が有りませんので)世界において、真実の愛で繋がっているならば、互いに別れる事は無いでしょうね。

霊界の場合は、真実の愛で結ばれたパートナーとの理想的な共同生活が出来ます。

続きを読む

人は死んだらどうなるのか⑥[霊界とは?補足]

・霊界でお金ってどうするの?

霊界では、「お金」という通貨が有りません。
そもそも、使う必要が無いですよね。物質的な体を養う必要も無く、欲しいものがあれば思念で形作ればよい。トイレの必要もありませんし、ホコリや、ゴミ、劣化も汚れも有りませんので、掃除洗濯も必要なし。食事も必要ないですし。※只、コーヒーとか、お酒、食事もそれが必要と想うならば、その間だけ存在します。

しかし、思念で作り上げるにしても、その時点での霊性によって限界があります。
大きなものや、生命を伴う存在を作る事など出来ません。逆にそれを奪う思念も、実現することは出来ないでしょう。つまり、豚肉や牛肉を食べたいと思っても無理。主に、大地の恵みが主となります。木の実とかフルーツ、農作物ね。※食べたいと求めればの話です。

でも、例えば、家が欲しいとします。
そうすると、建築に携わっている方にお願いしたり、紹介してもらったり。
住みたい家のイメージを聞いて、色々な霊の皆さんが集まって、作ってくれるんです。その時もね、「お金」じゃ無くて、それは皆さんの「奉仕の想い」から仕事をしてくれるということ。霊界での通貨は、「愛のみ」なんですね。

故に、生前の権威・立場・役職・所有物とか一切関係ありません。
そんなものは、全く意味が成さないのです。霊としての価値は、「愛の深さ」とその霊の人徳・霊性の高さ、霊的教養の理解度によって全然違うという事です。

続きを読む

人は死んだらどうなるのか⑤[霊界とは?2]

パパンです。
一気に更新してます。なぜならば、今日は久しぶりの休みだから^^
休みは良いね、ホント。

ということで、前回の続きです。
つまり、「霊界」とは、振動数の高い「霊的世界」ということ。
振動数の高さ、低さによって、物質性が変わるように、振動数が高ければ高い程霊的に進化している存在ということです。

霊界では、自分の「振動数」と等しい世界に自然と引き寄せられます。
物質世界よりも、引き寄せ合うエネルギーは強いのでしょう、物質の制限が無く、思念が共通言語であり、全て、思念によって、世界が形作られ、物質化(霊界内)されますので。

この「思念」が物質化されると書きましたが、何もないところから何かが発生する訳ではありません。全てにおいて、原因と結果が有ります。奇跡や偶然というものは、只のファンタジーであり、本来は、全てが自然法則に則っております。

超自然的な現象、つまり、「奇跡」というものは、まず前提条件が、
①自然現象に反している。
②科学的に説明できない。
③自分の理解を超えているから。


上記3つが、大体の一般的な「奇跡」の定義でしょうか。
では、「自然現象に反している」とするならば、そもそも、人間が森羅万象の自然現象を網羅しているということ自体が驕りであり、「知っている・判っている振り」に過ぎないということです。科学的に説明できないということも同様ですね。
「自分の理解を超えたものを理解出来ない」ということに関しては、ちょっと論外w

続きを読む

人は死んだらどうなるのか④[霊界とは?1]

パパンです。
前回の続きと、多分、多くの方が疑問に思う事について、いくつか記載しますね。

・そもそも、霊界って何なの?
まず、どこか遠くの地域であったり、よくある天上界とか、天国とか、地獄とかある特定の地域を示すわけではありません。どういう事?つてなりますよね^^

まず、果てしなく広い、霊界という一つの世界があると思ってください。物質に働きかける引力も空気抵抗もありませんし、そもそも物質じゃありませんので、疲労も無ければ消耗も、劣化も無い、昼も夜も無い。ということは、時間という観念も必要のない世界です。

それが、永遠に果てしなく広がっている大きな世界が霊界です。
その中に、地球という小さな星が有って、二つとも重なっております。


テレビのチャンネルと同じようなもので、どちらも現実の世界ではあるけれど、物質世界にいる我々は、「物質世界」というチャンネルにしか合わせず、そこで放送されている現実しか無いと思い込んでおります。チャンネルとは、言い換えれば、次元であり、振動数・周波数の違う世界ということです。

続きを読む

大気中のプラーナの見方

今日は天気が良くて、公園で散歩しながら、ボーっとね、大気中のプラーナを見て遊んでました。プラーナって、何かと言うと、大気中の普遍的エーテル体みたいなものでしょうか。

よく、チャクラでプラーナを取り入れるとか言われますが、このことですね。色んな解釈・呼び名があるとは思いますが、実際のところは、僕はよーわかりません。只、実は誰でもけっこう見れますし、既に見ているけど、意識していないという方が多いのではないかなと。

で、今回は、写真で紹介します。

①天気の良い青空とか、明るい背景で特に遠近を意識しちゃうような立体物が
視界になるべく映らない事。

※これ大事です。近くを見ますので、遠くの何かにピントを合わせちゃうと
見えなくなっちゃう。


②なるべく気持ちを落ち着けて、ボーっとする感じになる事。

まぁ、上記二点ですね。
普通に青空を見ると、こんな感じです↓

続きを読む

人は死んだらどうなるのか③[魂の緒が切れた後]

パパンです。
このままのペースだと、一体、このテーマはいつになったら書ききれるのか、心配になってきました^^ なので、あまり細かな部分は記載せずに、ペースをあげて掲載してみます。

・亡くなった人は全て霊となって、この世にいるの?
全てではありませんね。特に古い霊、人徳高く、霊的進化を求める霊や、亡くなった直後で、まだ混乱している霊などは、霊界の特定の場所に導かれます。只、現世のモノやお金、環境、人に対して執着心が強い霊は、そこに捕われてしまいも自らの意志で離れようとしないケースもあります。

・そもそも、霊って人間だけ?微生物や、動物も含めたら霊だらけなの?
自意識、つまり、自我の有る/無いで違います。自意識の有る存在は、人間だけであり、自らの自由意思において、霊として活動するのは、「人間」だけとなります。

動物は、「類魂(グループソウル)」という大きなグループの霊と一体化する運命となります。※只、人に変われていたペットなどは、愛を受けて育ったため、愛によって、自意識がわずかに成長していますので、すぐに類魂化はしません。
飼い主に想われている間は、個性を持って、霊として存在します。

微生物、植物などは、当然ながら、生命は有っても意識がありません。
食虫植物や、貝、昆虫等、まるで自分の意志で行動しているような動きもしますが生存本能に基づく、反射的反応に過ぎません。霊としては、動物と同じく、類魂として大きなグループとなって存在しています。そこに、個性はありません。

続きを読む

ご訪問頂いた皆様へ

パパンです。
すみません、仕事がとても忙しくなり、記事の更新や、皆様へ返信、
皆様のサイトへのご訪問などが時間的に厳しい日々が続いております。

まぁ、数日で落ち着くとは思いますが。

ご返信含め、ちょっと遅くなってしまうことを、お許しくださいませ^^

宜しくお願いいたします。

人は死んだらどうなるのか②[死の直後2]

パパンです。
死の直後の状態について、前回記事で書ききれなかった部分の補足を掲載します。

・魂の緒(シルバーコードの性質)
物質界では、まだ未解明な性質が含まれています。柔軟性に富み、いくらでも伸びる性質があるそうです。

例えば、幽体離脱して、幽界まで冒険された方。沢山の知り合いや、見ず知らずの霊にも会いますが、出会った霊の皆さんは、繋がっているシルバーコードを見て、「あ、この人、まだ体と繋がっている、生きている人だ」と判断されるみたい。その為、生きている方と亡くなった方を間違う様なことは無いそうです。

・突然死・事故死の場合の認識は?
例えば、交通事故ですね。
あっという間に、生命が奪われてしまう、あまりにも恐ろしい悲劇です。そんな時、霊としての意識は、どうなっているのか?ということですが、ほとんどの場合は、死んでしまったことに気づかず、まだ車を運転しているつもりだったり、歩行者であれば、なんとか事故は避けられたと思っています。

続きを読む

人は死んだらどうなるのか①[死の直後]

パパンです。
なんか、当ブログのスピリチュアル色が強くなってきましたね。
只、個人的には思い込み補正や根拠のない宗教観を強要する「スピリチュアルごっこ」や、ファンタジー・幻想の世界で楽しむ「不思議ちゃんごっこ」を目的としません。

僕が知り得る限りの文献から得た知識、および体験との整合性、霊的な方からのメッセージも含みつつ、基本的なことから順を追って時系列的に記させて頂きます。

①身体機能が停止した状態。※脳死含む
いわば、心臓が停止した、死んじゃった状態ですね。身体機能・脳の活動も停止したというだけで、意識は残っております。
意識とは、「霊体」が思考する「自我」の現れです。感情もありますし、個性も残ってます。

②肉体と、霊体の分離
まず、「身体的肉体」から「幽質結合体(霊体と体の接着剤)をまとった「霊体(本人)が離れようとします。この時点では魂の緒と言われる「シルバーコード」が繋がっていますので、それが細くなり、切れてしまえば肉体との分離は完了と言えます。

※シルバーコードについては、古代より様々な文献に記されており、プラトンもその存在を言及していますね。魂の緒が実際に撮影された写真も沢山残っています。

続きを読む

パワーストーンについて

パパンです。
僕は、体に金属のアクセサリーとか、時計を付けるのが苦手です。
金属アレルギーが出る訳じゃ無いんだけど、なんか、体のバランスというか、調子が狂うんですよ。

その為、幼い頃から、オッサンとなった今現在まで、時計はほとんど付けたことがありません。ひどい話ですが、結婚指輪さえ、ちょっとの期間だけ^^ メガネも金属では無い軽い素材のヤツです。本読む時だけ、使ってます。

天然石のブレスレットとか、そういうのは平気ですが、それでも、ちょっと、何かが変わってきます。でもそれ以上に、基本的に邪魔なんです^^
激しく動いたり、何かにひっかかると、バァーン!と吹っ飛んでいくので。どう考えても、単純な注意不足ですねw

続きを読む

「霊」のメカニズムと実態③

パパンです。
「霊」のメカニズムと実態②の続きです。

・「霊」のメカニズムと実態①
・「霊」のメカニズムと実態②
・「霊」のメカニズムと実態③

Q:じゃあ、生霊は?
普通の幽質結合体で見えるパターンと同じです。
思念で作られますから、強い思念を持っていれば、霊である人間にだって作れます。

そして、それを飛ばすことも出来るでしょうね。

Q:憑依現象はどういうこと?
憑依現象は、いくつかの段階があります。最初は思念によって影響を与える状態。思念影響と名付けますか、そのままだけどw とりあえず、これが第一段階。

親和性も高まり、それが浸透してきたら、そのまま、第二段階の思考支配に突入。幻聴、幻影、妄想、作為体験の伴う憑依段階と言えます。強い意思によってコントロールがまだ出来る状態です。

これで、思考もコントロール出来たら、生きている方の幽質結合体を勝手に使っちゃう。つまり、行動支配が第三段階ですね。こうなっちゃったら、もう、憑依した霊の思い通りです。思考も行動もね。
意思ではコントロール制御が困難な状態です。※全く出来ない訳では無い。

只、第一、第二の段階で、霊である自分の強い意志できっぱりとはねのける事は可能です。それを受け入れちゃったり、諦めちゃったり、逆に依存しちゃうと、第三段階まで進むことがあるということです。

親和性が高まって、初めて憑依が進行しますので、逆を言えば、親和性を高めないということです。未熟霊というのは、破壊的、享楽的、悲観的な思考傾向、肉体の欲望や利己的な執着心に思念を合わせてきますので、逆の想いを持つことによって、低級な思念のチャンネルに同調しにくくすることです。
これは、高次の存在である守護霊とのチャンネル強化になるので、最も効果的な方法です。

続きを読む

「霊」のメカニズムと実態②

パパンです。
「霊」のメカニズムと実態①の続きです。

・「霊」のメカニズムと実態①
・「霊」のメカニズムと実態②
・「霊」のメカニズムと実態③

Q:霊が見えるってどういうこと?

2通りありますね。「幽質結合体」を見ているか、「霊体」を見ているかのどちらか。
多くの場合は、霊の思念で制作された「幽質結合体」です。


・「幽質結合体」を見ている場合

「霊」は思念を用いて、幽質結合体を動かしたり、特定の形を作ることができます。作り上げた幽霊像ですね。自分に似せて作るのが一般的です。その姿を、視覚で認識した状態です。

霊にも幽質結合体がありますが、肉体から離れている期間が長くなればなるほど、肉体成分から遠ざかってしまいます。接着剤をはがしてしまうと時間が経てば、もう一度引っ付き難くなりますよね。そんな感じです。なので、肉体と接着剤の弱い人(いわゆる霊媒体質者)から、幽質結合体を借りて、自分のと混ぜ合わせて、霊の姿を作るのです。
霊媒体質者とは、内面の人間性・霊性というより、体質によるものです。

「生きている人の幽質結合体」を借りて、更に、自分のも混ぜるから、当然、作りやすいし、見えやすいですよね。

でも、実は、それを思い通りの形にするのは、霊であってもかなりの練習が必要。
そんな簡単に、自分や何かの姿をつくることはできません。思念で作るから簡単そうと思いますが、そんなことありません。

コンピューターで3Dの物質を作るとしたら、細部までリアルに設定しなきゃ、綺麗な造形は出来ないでしょ。しかも霊である自分とリンクさせないといけないし。

続きを読む

「霊」のメカニズムと実態①

パパンです。
ちょっと今回は、「霊」のメカニズムについて書いてみようかなと。
自らの体験や、各種文献から得た知識と重ねても論理的に合理性が高いと思っている
霊のメカニズムと実態について、出来る範囲で説明させて頂きますね。
※主観も多く含みますことをご勘弁ください。

・「霊」のメカニズムと実態①
・「霊」のメカニズムと実態②
・「霊」のメカニズムと実態③

①「身体的肉体」
これは、文字通りの「体」ですね。説明要らずです、はい。

②「幽質結合体」
そして、肉体と重なるように、半物質の中間体であり、固定化された形態の無い「幽質結合体」があります。
エーテル体とか、ダブルとかハスクとかペリスピリットとか、色々と言われてますがまぁ、ガスみたいな感じね。成分は、髪の毛とか爪に近く、タンパク質を含むそうです。

この物質は、「体」と「霊体」を引っ付ける接着剤のような役目もしており、同時に、物質に働きかけ、動かすこともできます。思念の指示を受け、形態を自由に変えることができます。

体や顔、作ろうと思えば、恐ろしい悪魔のような姿まで。第三者も含めて、複数の人が見たりするのは、大体コレね。物質性も兼ね備えているので、空気振動を起こせば、声や音(ラップ)も可能ですね。

③「霊体」
そして、二つの中心にあって、しかも大きく広がっている「霊体」があります。
これが、いわば霊であり、魂と言われている存在です。

人間も幽霊もそうですが、実は、霊が全ての司令塔であり、意識と言われる発信基地は「霊」なんです。霊が、幽質結合体に指示し、それを動かして、意思の無い物体である「体」を動かしております。個性も、癖も、ユーモアのセンスもね。喜怒哀楽の感情全てが「霊」の特徴なんです。

ちなみに「霊」の言葉は「思念」です。空気を震わせる声帯も有りませんし、空気の振動で音を感知する感覚器「耳」も無いので、当然ですね。

続きを読む

内なる声③

パパンです^^
職場の女性から、好きな女性のタイプって、どんな人ですか? と聞かれましたので、丁寧にお答えしました。

僕「まず、極めて料理上手で、家庭的な方。でも少女のような恥じらいを、忘れていない清楚な女性だね。

具体的にどんな女性かというと、例えばね、生きている鳥の首とか、スポーンと包丁で切り落として、血抜きをする。で、羽を綺麗にむしって下ごしらえしちゃう。

マグロなんかも、大きな包丁で「ふんっ!!」という掛け声とともにど真ん中から2枚に下ろしちゃう。頭も、勢い付けて振り下ろし、一刀で骨まで切断。内臓は豪快に素手でかき出して、血抜きも完璧です。寄生虫がいても、わしづかみで、ポイッと捨てちゃう。勿論、笑顔でね。

そんな時でも、足元にクモなんか見つけちゃうと、「キャッ♪こわーい」って飛び上がっちゃうような可愛い女性かな、やっぱり。

職場の女性「えええ!!じゃあ、奥様は、そういう女性なんですか??」

僕「いや、そんな訳ないでしょw 僕は、嫌です、そんな方。普通の素敵な女性だよ」

と、またまたテキトウな話で盛り上がっていた今日この頃ですw

続きを読む

自己責任について

パパンです。
今日、スープカレーをお昼に食べました。職場の若い女性から、あれ、カレーの匂いすると言われたので、それは「加齢臭だよ」と言い張りました^^
誰得なのかは判りませんw

全身から、加齢に伴うオッサンホルモンの分泌です。加齢パフュームというかオッサン・トワレさ!とどや顔で教えてあげたら、え??なんか、出てるんですか?と真顔で言うので、

「色々と、全ての皮脂腺とか、分泌腺、穴という穴から出ますよ、ドローンって。
基本、ダダ漏れです。男性は、40過ぎたら、アテント必須なんだよ」
と教えてあげました。

大胆に、真実と嘘を混ぜ合わせて、さわやかに人を騙した僕ですw

と、変な出だしで始まるいつもパターンですが、「自己責任」について、色々とお昼にカレー食べながら考えていました。

続きを読む