学ぶことの「喜び」と「愛の大河」について

パパンです。今回はかなり自己主観的・感覚的なことを書き残したいなと思いまして。
韓国ドラマのタイトルみたいな表題になっちゃいましたがw
意味不明と言われたら、ホント、そうかもしれません^^ でも、僕の中では正直に記したい気持ちが強くてね。何かの本や知識から、さも自分が知ったように書いているわけでは無く、只、ひたすらに「自分の中の声」に忠実でありたいと思っています。

唐突ですが、僕は学ぶことと、面白い事、思いっきり笑う事が大好きです。
何かを作り出したり、考案し、それを実現に向けて色々と迷ったり、悩んだりすること。
つまり何かを創造している時って本当に至福の時間なんです。実際的には時間など忘れていますし、意識もしないので、「時間」という観念も当てはまりません。

失敗したらどうしようとか、こうなれば良いなとか、期待も不安もあせりも特にありません。
心の衝動みたいな、お腹の中から湧き上がってくる躍動感のような「感じ」に、只、身を任せること、その一点だけに全力で頑張るのが本当に好きなんですよね。
好きだとしか表現出来ません^^ 僕の魂がダンスするような「喜び」だけなんです。

想像を伴う学びとは、記憶したり、論理的・実証主義的に辻褄の合う解釈で判ったつもりになるような、そういう学びでは無く、そういうのを一切辞めちゃった時の「学び」です。
情報や知識も大切で知的欲求を満たすものではありますが、本質的には「そこ」じゃ無いんですね。とっても感覚的・抽象的でわかりにくいですが^^

思考する、意識する中心を、「脳」では無く、「心臓あたり」や「自分の体の外側」のぼんやりとしたもの、輪郭は無く空気中に溶け込んだような大きな「殻」のようなところから強く促される「衝動」といいますか、「エネルギー」みたいな感じです。

そうすると、意識が果てしなく広がる感覚が伴います。
脳の神経回路イメージみたいな感じで、それが果てしなく広がり、世界の全てに繋がっており、電気シナプスのように光の玉が常に流れているイメージです。
それが、全ての事象、物質、五感に感じられないもの全てに無限の曲線で繋がっていて、全ての光の玉が躍動し、決してぶつかり合うことなく秩序付けられた美しさを感じます。

最近、何故か頭の中にそのイメージがよく出てきて、映像で繰り返されるんです。
でも、決して、心がどんよりと曇ったり、不安が想起されるようなものではありません。
むしろ、とても癒されますし、美しいなぁと見入っちゃいますね。秩序付けられた「美しさ」と書きましたが、その美しさが作られている法則性とは「愛」のように思います。

続きを読む

チャネリングメッセージについて

パパンです。
以前も少しだけ書いたような気がしますが、昨今の思うところを残そうかなと。
僕の記事を読んで頂いたら判りますが、自分の中では正直に「内なる声」を書き残しているように思います。誰かを騙そうとか、自分を特別視した優越感によって気持ちよくなりたいとか、誰かを救わなきゃみたいなメサコン思考に陥っているという感じも無いと思います。
人に信頼され、求められたい、沢山の人に不思議ちゃん扱いされたいとも全く思わないし、むしろそんな自分ならば嫌気がしますね。なんか、嫌らしくて。

というのは、自分でもしつこいなぁと呆れる程、僕は本当に疑い深かったんです。
2~3年間は気のせいだと否定し、疑い、自分の想像に過ぎないとひたすら言い聞かせていましたね。そんなこと有り得ないし、僕が想像して頭の中で会話しているだけだと、そう思い込もうとしていたんです。

徹底的に論理性の矛盾は無いか、僕の感情が波打つような、エゴが隠されていないか?とかね。

故に多くのブログでチャネリングメッセージ的な内容を読むと、正直、バカバカしいと鼻で笑っていました。(昔はね。今は、違いますよ^^) 天使とか神様とか、宇宙人とかまぁ色々と書いてあっても、疑いのフィルターを通してしか理解しようとしていませんでした。霊と会話する、又は目に見えない意識体と思念において会話するなんて、あまりにもバカげた事だとね。
でも霊の存在、輪廻転生は有るとそこはなぜか信じていましたね、揺るがない感じ。

そんな、何年間もずーっと疑い深かった僕に付き合ってくれていた存在は確かにおりました。
決して怒ったりせず、又、何か命令口調で指示することも無く、自分は**だと尊大な態度で偉ぶったり、僕の無理解を責める事も有りませんでした。
僕自身に対しても、他人に対しても批難したり、否定することもありません。不安や恐れを誘発するような予言めいた事も決して言葉にしない。母親が幼い子供を抱きしめ、泣いても笑っても、どんなにやんちゃしても、いつもニコニコと穏やかに見守ってくれる、そんな感じです。

そうするとね。さすがに信じざるを得なくなっちゃって。というか、その方々の僕を想ってくれている愛情の深さに心打たれまして、次第に目が覚めたんでしょうね。

でも、そうなると、自分が頭おかしくなっちゃった訳では無いという証拠を強く求めるようになりました。自分が納得できる確かな証拠が欲しくて、まずは手始めに、「名前」を聞きました。
或いは、貴方は誰なのか?どんな存在なのか?とね。

続きを読む

書けなくなった意味

パパンです。
やっと、意味が判りまして、いやはや。なんともね、ハイ。僕の未熟さを痛感です。
読まれた方は、何のことか、さっぱり判らないと思いますので、経緯を書きますね。

まず、ここ数日、コメントの返信や、新たな記事を、何度も書こうとPCに向かっていたのですが、不思議なことに、全く、文字が打てないんです。書きたいとする意思がなぜかわかないし、言葉となるインスピレーションが全く無かったのです。

それでもね、頑張って、長文の記事や返信を書いてみたのですが、何故か、消しちゃうんです。で、すぐに眠くなっちゃうの^^

実は、数日前にね、あるメッセージのようなものが聞こえてはいたのです。
「思いあがってはならぬ、わきまえよ。仕事にも集中せよ」というような言葉だったんです。

でもね、正直に書きますと、「はーい、判りましたよー」という程度に僕は聞いていたのでしょうね。もう、バカですねー、はいw

それで、頂いたコメントの返信や、新しい記事を書こうかな?としていたら、全く書けなくなりました。今まで、PCで沢山書いた時、一日で一度に大量の文章で更新した時もありますが、そういう時って、いくらでも書いてて疲れないし、ほとんど訂正が無い。最も適切な言葉に差し替える時は有りますが、ほぼ修正しません。

でも、今回は、全く今までと違いました。
理由も聞きました、ずばり、2つありましたね。

続きを読む

内なる声③

パパンです^^
職場の女性から、好きな女性のタイプって、どんな人ですか? と聞かれましたので、丁寧にお答えしました。

僕「まず、極めて料理上手で、家庭的な方。でも少女のような恥じらいを、忘れていない清楚な女性だね。

具体的にどんな女性かというと、例えばね、生きている鳥の首とか、スポーンと包丁で切り落として、血抜きをする。で、羽を綺麗にむしって下ごしらえしちゃう。

マグロなんかも、大きな包丁で「ふんっ!!」という掛け声とともにど真ん中から2枚に下ろしちゃう。頭も、勢い付けて振り下ろし、一刀で骨まで切断。内臓は豪快に素手でかき出して、血抜きも完璧です。寄生虫がいても、わしづかみで、ポイッと捨てちゃう。勿論、笑顔でね。

そんな時でも、足元にクモなんか見つけちゃうと、「キャッ♪こわーい」って飛び上がっちゃうような可愛い女性かな、やっぱり。

職場の女性「えええ!!じゃあ、奥様は、そういう女性なんですか??」

僕「いや、そんな訳ないでしょw 僕は、嫌です、そんな方。普通の素敵な女性だよ」

と、またまたテキトウな話で盛り上がっていた今日この頃ですw

続きを読む

内なる声の聴き方②

パパでやんす。子供たちにこのブログの事を知らせるタイミングって考えてみたら僕が死んじゃった後じゃなくても良いんじゃないかな?と、そもそもの存在理由を揺るがす事実に気づきましたw

そうすると、一般的には死後に効力が発生する「遺言」という意味に対して、矛盾してきますね。でもまぁ、そこは、ほら。ね? 察してください。僕はあんまり深く考えて行動していませんので。3歩歩いたら忘れるって言葉ありますけど、それは甘いですね。
3歩も覚えていられるか! というのが僕ですw

前回の「内なる声の聴き方①」続きです。

続きを読む

内なる声の聴き方①

パパです。
以前の記事にて、パパになんとなく聞こえる「声」というか、「思念」について書きましたが、実はほとんどの方に聞こえている・或いは感じているものじゃ無いかな?と思いまして。今日はそのことを少し書こうかなと。

まず、前提として。
霊視、霊聴、思念、自動書記にせよ何にせよ、聞こえたから、感じたから、見えたからといって、そんなに特別な事でもありません。実は誰でも感じられるちょっとしたコツみたいなところも存在します。あくまで、認識し得る程度の初期段階ね。

元々、幼いころは特に誰かに教わらなくても、知っていたんじゃないかな。
自然な状態に近づいた、或いは忘れていた感覚といいますか。

只、誤解の無いように書くならば、受信しやすい体質はあるでしょうね。これは、その方の霊性の高さ・低さに関係なく、エーテル体の質によるものです。でも、大半の人は受信していて、その事に気づいていない、或いは目を伏せ、耳を塞いでいるんじゃ無いかな。

続きを読む

内なる声②

パパですよ。いつも長くて判りにくい書き方だけど、勘弁してね。
パパの言葉は、多くの点において、内なる声から教えて頂いている言葉を記載しています。

読んだ時、どうにもしっくりこなかったら、そのまま読み飛ばしてくださいね。さらーっと文字面だけを追っても構いません。このように理解して欲しいとか、必ず覚えてほしいという事は全くありません。

自分たちでね、心に「しっくり」とくるかどうかだけで、判断し、自分の言葉で理解を深めてくれたならば、それが何よりも嬉しく思います。

では、内なる声①の続きです。

続きを読む

内なる声①

パパンです。
「はじめに①~②」にて、パパはウェーターですよと書きました。
要は「内なる声」のこと。では、内なる声って何? と、君たちは思うでしょうね。
今現在、僕が理解している「内なる声」の存在について説明しますね。

まず、はっきりとした声ではありません。又、明らかに他人の声でもなく、耳に伝わってくる言葉でもありません。感覚的には、心臓の当たりでモヤーっとした不思議な温かさを伴い、まるでイメージのように一瞬で思いつくような感じ。

わかりやすく言えば、登山してとても綺麗な山の中腹で大きな岩に腰を下ろしたとします。目の前にはね、広い青空の下、遠くで鳥の声が優しく響き、風に揺らぐ草の香り、肌に感じる温かい春風、眼下に広がる草原の向こうには木々が芽吹き始め、眩しいまでの新緑となり、息をのむほどの美しさだったとします。

と、春の風景を少しでもお伝えしたいと思って文章にしたら雑だけどこんな感じ。
でも、実際にね、僕が見て感じた、感動さえ覚えた僕の目の前の「風景」を的確にすべて表せたどうかというと・・・はい、全然足りません。勿論、詩的表現力と文章能力の低さにも起因していますがw

でも、仮に、もっと丁寧に言葉で伝えたとしても、実際のその場にいる僕が得た感動は伝えきれないでしょ。文章にていかに情報量を増やしても、大して変わりません。※感動的な音楽や絵画の魅力を言葉で表現することの困難さに似ているね。

「行間を読む」という言葉がありますが、むしろ、自らの体験から想起される想像力によって色付けしたほうがパパの見た「自然の風景」に近いかもしれないね。

続きを読む