--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑
Tue.

プロフィール的な、自分の事。

パパンです。
最近はスピリチュアルな記事の更新が多くなってきましたね^^
正直、自分でも、心配なところもあります。ここまで書いちゃって良いのかなーって。
僕自身が、どう思われるのか怖いんでしょうね、きっと。どうしちゃったの?ってね。

それはそれで、しょうがないと思う反面、けれども、せっかくだから、
プロフィール的に、今までの僕の人生について書こうかなと思います。今更ですが^^
只、あまりにも長くなっちゃうので、簡略化して記載しております。
ちよっと怖い話もあります。

最初の頃の記事に書きましたが、いじめっ子だった僕は、尊敬できる友人や、先生と
会い、こんな自分を変えたいと望みました。同時にね、罪滅ぼしのつもりで、少しでも
人の役に立ちたいと強く望むようになり、偶然、北海道カウンセリング協会の会長と
知り合いまして、本物のカウンセリングを学ばせて頂く機会を得たんです。

そして、多くの仲間と出会い、机上の論理や、心理療法ごっこではなく、あくまで
目の前で本当に苦しまれている方と向き合う、真剣・命がけのカウンセリングを
学ばせて頂きました。只、僕自身は他の方々と比べたら、全然ヒヨッコですので。
一人前とは程遠い自分です。それは今でも変わりません^^

その後、多くのクライエントと会い、時には、イメージ療法という、いわば催眠療法も
行っていたのです。そんな中、女性のOさん(仮名)と出会いました。
Oさんはうつ病を患っており、リスカ、ODは当然ながら、自殺衝動が抑えきれない
危険な状態でした。かといって、緊急入院も困難な状況だったのです。

これはまずいと思って、緊急処置的に自宅の僕の書斎で、催眠療法を行ったんですね。
続きを読む
スポンサーサイト
01:03 | はじめに | comments (4) | edit | page top↑
Sat.

はじめに②

[はじめに]というタイトルで長いったらありゃしない。
まあ、多めに見てください。慣れていないもので。「はじめに①」の続きです。

④この遺言ブログは「書くべき」「何か書かなきゃいけない」という時は更新しません。
つまり、書きたくなった時、何か文字として残したいと思った時に更新します。
もしかしたら、一週間、3週間、1か月とか1年更新しない時もあるかも。
もしも何方か奇特な方が、コメントを残してくれたとしても、返事させて頂くかどうかも
含めて、全て僕の気分次第です。
人に何かを押し付けるのは嫌なのです。同時に、押し付けられるのもね。

本当の真実の学びというのは、専門書や宗教本、難解な哲学書、現象学、精神医学の
参考書やえらい方、有名な方から授けてもらうものではありません。
気づきのきっかけとして出会っているということです。

何に気づくか? というのは、覚えることでも、習慣を変えることでもありません。
思い出して、「ああ、これだ。そうなんだぁ」と心の中の「感じ」に辻褄が合うことです。
つまり、思い出すということですね。忘れていたのではなく、唯物的な幻想で作られた
「思い込み」のベールが取り払われた時、気づきと言えますね。

でも、これがまた僕の場合は根深くて・・・。
又、「思い込みがある・無い」という思考にとらわれると、それ自体が思い込みにも
なるわけで。まぁ、この辺りはまた今度、ゆっくりと書きますね。
19:42 | はじめに | comments (0) | edit | page top↑
Sat.

はじめに①

このブログは、表題通り、「遺言」です。
単身赴任で、子供たちや妻とも一緒にいられない時間が多くて、ごめんね。
もしも僕が側にいたとしても、大したことは何もできないかもしれない。
それでも、迷ったり、苦しんだり、行き詰ったときに、一緒にね、泣いたり、笑ったり、
時に怒ったり。

疎んじられても、そっけなくされても、それでもね。
やはり貴方たちが大好きなんですよ。貴方たちが自分の嫌だなぁと思う側面ある
でしょ。勿論、僕にも山ほどあります。良いカッコして見せていないだけで。
又は、そう思ってるのは僕だけかもしれないけどね。
貴方たちが、自分の嫌な面、嫌いな面、苦手な面。それらもすべて含めて、
たまらなく愛しいということです。

貴方たちに何も求めていないし、そんな気持ちもありません。
只、何か力になってあげたい、それだけですね。でも、押しつけがましい行為や
言葉、愛情を要求したりはしません。只、全ての機会は、必要な時に、
必要なタイミングで、必要な学びとして訪れると確信しています。

故に、パパの言葉は遺言として、いつの日か笑って読んでほしい。
パパはバカだなぁってねwでも、ひとつだけお願いさせてね。
それは、下記の点だけは、大切に心に留めてほしいのです。
続きを読む
19:21 | はじめに | comments (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。